歳をとると今は十分快適に暮らせている家でも、住みにくくなることがあります。

歳をとったらしてみたいリフォーム
歳をとったらしてみたいリフォーム

歳をとると今は十分快適に暮らせている家でも

歳をとると今は十分快適に暮らせている家でも、住みにくくなることがあります。
最近、私の祖母も、自宅をバリアフリーにリフォームしました。
将来は、私も老後資金を計画的に貯めて、自分の家で暮らしたいと思いました。
では、どんな家が住みやすいのか?どんな工夫をすれば、自分が快適に住めるのか?を考えてみたのですが、足腰が弱ることを考えて、階段のある家は(老体に)優しくないと思いました。

子供が出来て、二階建てを建てたとしても、歳をとって子供が独立したら、二階部分を取り除きたいと思います。あとは、台所と水回りです。
台所はバリアフリーで、縮んだ体に負担がかからない高さにし、お風呂場も段差のない、湯船に浸かるまでに支障のない作りにしたいです。

と、ここまで書きましたが、やはり体が資本だと思います。いくらいい家にしても、住めなくては意味がありませんから。それを考えると、弱る前からの体力作りも大切でしょう。それに加えて、家をリフォームできれば、一番良いでしょう。

関連サイト

  • 気軽に一人で旅行(新幹線)を愉しみたいというアナタ必見です。

Copyright (C)2017歳をとったらしてみたいリフォーム.All rights reserved.