歳をとったら、真っ先にトイレに手すりを付けないといけない、と考えています。

歳をとったらしてみたいリフォーム
歳をとったらしてみたいリフォーム

歳をとったら

歳をとったら、真っ先にトイレに手すりを付けないといけない、と考えています。
実際に、実家の母が、介護保険適用者になった時に、実家のお風呂場とトイレに手すりを付けました。
歳をとると、立ち上がる時など、今では想像できない動作が困難になるのだと実感した瞬間でした。

また、家の中をバリアフリーにすることも、重要なポイントです。
お年寄りは、ちょっとでも段差があるとつまずいてしまうものです。
家の中の段差は、たとえ1センチでもとても危険な物になり得るのです。
それと母は歳をとってから、お医者様の勧めもあり、布団からベッド」に変えました。
畳の部屋にベッドというのもちょっと変だし、もう手入れも出来なくなるに違いないから、全室フローリングにリフォームしてみたいです。

実家でもう一つ思ったのは、ガスを使わせるのがちょっと危ない、と思う状況になったことが何回かあるので、オール電化というのも検討してみたいです。

歳をとっても快適に過ごせるように、時期がきたら家をその時の自分のニーズに合わせて、リフォームしてみたいと考えています。

関連サイト

Copyright (C)2017歳をとったらしてみたいリフォーム.All rights reserved.