歳をとってからの日々の生活で気になることと言うと、やはり安全に過ごすということです。

歳をとったらしてみたいリフォーム
歳をとったらしてみたいリフォーム

歳をとってからの日々の生活で気になることと言うと

歳をとってからの日々の生活で気になることと言うと、やはり安全に過ごすということです。

家の中のちょっとした段差でも、つまずいて転ぶことがあると思います。実際に、私の70歳になる母も、普段は元気に自転車に乗って生活をしているのですが、家の中のちょっとした段差に躓くことは度々です。
半年ほど前には、部屋と部屋の段差に躓いて転んでしまい、大腿骨を骨折し、数ヶ月ほど入院をいたのです。

そういうこともあって、実家では大幅にリフォームをしました。
私も、実家のリフォームの様子を見ていて、自分の家も、安全面を考えてリフォームをしなければならないと感じました。
できるだけ、家の段差を少なくするために、トイレの入り口やお風呂場の入り口は、段差をなくしたいと思います。
また、手摺りなども必要になってくると思います。できれば、この手摺りについては、お年寄りの家という雰囲気ではなく、ちょっと洒落た感じにしたいと思います。階段のところにも、同様に手摺りを付けたいと思います。
やはり、住む家は安全であることが第一だと思います。それと同時に、清潔でお洒落な感覚も持ち合わせた家にしたいと思っています。

関連サイト

Copyright (C)2017歳をとったらしてみたいリフォーム.All rights reserved.